top of page

なぜ肩や腰が痛くなるの?

人はそもそもなぜ、肩や腰が痛くなるのでしょうか?


結論、立っているだけで肩や腰は痛くなります。


理由は、人間だけ4足歩行ではないからです。


本来、生物の進化をたどると、陸上の生物は4足歩行が始まりです。

人間はその進化の過程の中で道具を使うことを覚えました。

これが「直立2足歩行」の始まりです。2足歩行は鳥類や恐竜もいます。


4足歩行の場合だと、足だけでなく手もついているから以下の効果が得られます。

・重心が安定する

・足腰に負担がかからない

・肩甲骨や腕を持ち上げなくてすむ

・血流が足に滞らない(浮腫みにくい)

・腹横筋などのインナーマッスルが常に働く

・転倒の概念がない


つまり、直立2足歩行の時点で人は肩や腰が痛くなるのです。


じゃあ明日から4足歩行で歩こう!てことはできませんね。(家ではご自由に4足しまくってください)


直立2足歩行なのは仕方ないことです。

だからこそ他の身体の機能を失わないよう、姿勢の意識・身体のケア・運動は常に行っていきましょう!


#姿勢改善 #整体 #肩こり #腰痛


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page